FC2ブログ
2019 / 04
≪ 2019 / 03 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2019 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。
今回は4ストローク1サイクルエンジンのバルブの開閉タイミングについて説明します。
前回にピストンの動作を説明しましたね。今回もピストンの動きに合わせて説明します。

さて、ピストンが上下することにより、バルブが開いたり閉じたりして、
混合気を圧縮したり燃焼させたりすることはもうお分かりだと思います。
混合気を吸う側のバルブをインレット・バルブと言います。
反対に燃焼後の排気ガスを捨てる側のバルブをエキゾースト・バルブと言います。
この二種類のバルブの動きを追ってみましょう。

その前に、空気が動くには多少の時間がかかります。
よく天気予報で風速何㍍と言うのを聞きますよね。
エンジンに吸入される混合気も動くには時間がかかります。

すなわち、各動作を行う前にはすでにバルブは開いたり閉じたりしています。

基本としては前回説明したピストンの上下とバルブの開閉タイミングを頭に入れて下さい。
吸入行程でインレット・バルブが開く。
圧縮行程でインレット・バルブとエキゾースト・バルブが閉じる。
燃焼行程でインレット・バルブとエキゾースト・バルブはまだ閉じている。
排気行程でエキゾースト・バルブが開く。
この点を基本として頭に入れて置いて下さい。

まずは吸入行程。
ピストンが下がって混合気を吸います。
が、先程も説明した通り、空気が動くまでには時間が かかります。
つまり、ピストンが下がる→インレット・バルブが開くでは、
空気が移動する時間分入ってくる混合気は少なくなってしまいます。
沢山混合気が入った方が強い爆発力が出せるので、
なるべく沢山の混合気を入れたいわけです。
なので、吸入行程の前段階の排気行程で既にインレット・バルブが開いて混合気を吸っているのです。

ただ排気行程でもあまりに早い段階でインレット・バルブが開くと、
排気ガスがインレット側に逆流してしまいます。
なので排気行程の終わりの方にインレット・バルブが開くのです。

排気行程でエキゾースト・バルブが開き、ピストンが上昇する→ピストンが上死点に達する前にインレット・バルブが開く→ピストンが上死点に達する→ピストンが下がりエキゾースト・バルブも閉じて吸入行程になる。と言うことです。

すなわちインレット・バルブがフライングしてピストンがまだ吸入行程になる前に開いたと、いうことです。

吸入下死点にきて、圧縮行程になっても、まだインレット・バルブは開いたままです。
ピストンが上昇して、混合気が押し上げられて混合気が動く事にも、
多少のタイムラグがあます。
なるべくぎりぎりまで沢山の混合気を入れるためにピストンが上昇しても、
まだインレット・バルブは開いたままになるのです。
吸入下死点に到達→ピストン上昇して圧縮行程に移る→インレット・バルブが閉じる
と言う流れになます

ただ、あまり圧縮行程時に長い間インレット・バルブが開いていると、
逆流してしまうので圧縮行程初期にはインレット・バルブは閉じます。

圧縮上死点にきたら圧縮した混合気に点火をします。
点火した混合気はピストンを爆発力で押し下げます。つまり力は下向きに働いているので爆風も下向きに働いています。

なので下から上には混合気が流れる事が出来ない状態にあります。
それゆえに、燃焼行程中に排気側のエキゾースト・バルブが開いても、
そちら側には流れる事はほとんどありません。

圧縮上死点に到達→点火→ピストンが下がって燃焼行程→エキゾースト・バルブが開くという流れになります。

つまり、今度はエキゾースト・バルブがフライングしたという事になります。

燃焼下死点に達してピストンが上昇し排気行程になります。
この状態で先程説明した通り、エキゾースト・バルブはすでに開いていますので、
エキゾースト側に排気ガスが流れて排気を行います。
そして排気上死点に達する前に、
一番最初に説明した通りにインレット・バルブも開きます。
そして吸入行程に入った後でエキゾースト・バルブが閉じるのです。
燃焼下死点に到達→ピストン上昇で排気行程→インレット・バルブが開く→排気上死点に到達→ピストン下がって吸入行程→エキゾースト・バルブが閉じるとなります。

全体で流れを追ってみると
ピストンが下がって吸入行程〔すでにインレット・バルブは開いています〕→エキゾースト・バルブが閉じる→ピストンが吸入下死点に到達→ピストンが上がって圧縮行程→インレット・バルブが閉じる→ピストンが圧縮上死点に到達→圧縮した混合気に点火→ピストンが下がって燃焼行程→エキゾースト・バルブが開く→ピストンが燃焼下死点に到達→ピストンが上がって排気行程→※インレット・バルブが開く→ピストンが排気上死点に達する→ピストンが下がって吸入行程→エキゾースト・バルブが閉じる※→
※での間は両方のバルブが開いています。この期間をオーバーラップと言います。

バルブは上死点、下死点に到達する前や後に開閉します。
この点をしっかり頭に入れておきましょう。
以上で4ストローク1サイクルエンジンのバルブの開閉について説明を終わります。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト

【】
整備は解りやすく、助かってます。
また月曜日よろしくね(^-^)/
【No title】
こちらこそよろしくなのですw
楽しい思い出にするのです♪~
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。